情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園内では珍しい渡り鳥が撮影チームが殺到している

初冬、拙政園銀杏、モミジ氾黄变红、美しい景色だけでなく惹かれた大量の観光客を迎える、いくつかの長羽冠、赤の尾を「招かれざる」、撮影チームが次々と訪れ、カメラの砲列記録それらいらっしゃい拙政園の影。

この群の「見知らぬ鳥」で足を止めて東の花園兰雪堂西側の銀杏の木のそばで、約30匹、それらは全身がブドウ灰褐色、頭上に細長い羽冠を、1つの黒い貫眼紋口から基経目後の枕と、枝に凛として立つ。理解を通じて、これらの姿が美しい小鳥をヒレンジャクは稀有な冬の渡り鳥は今年、南京、無錫も出ていた。蘇州は以前もこの鳥を発見して、しかし毎年1度の2度記録して記録を記録して。ヒレンジャクトウネズミモチの果実を食べるのが好き、拙政園では自然環境では、これらの食品が多いので。

近年、拙政園の管理所の保護を強化の庭園、経済効果と利益を重視して生態文明も管理モード。総合科学技術や芸術手段を通じて、実施する水質浄化処理、古木名木の保護などの措置を作った機能が完備し、生態友好、景観が優美で、持続可能な発展の園遊会の環境、各方面の需要を満たす。