情報公開動的情報
ZHUOZHENGYUAN - Dynamic
/ 動的情報 / 政府調達 /
拙政園は“夏の趣”の荷芸の生け花の招待展を開催します

7月3日午前、「夏の趣」の工芸品の招待展のように、拙政園で行われ、上海、無錫、蘇州の地元の花芸師たちが園内に集まって、「荷」をテーマに、東洋の美意識を持つ生け花の芸術を存分に演じます。

拙政園荷文化の歴史は悠久で、毎年の夏、池の中のハスの花は大きな色が美しくて、すがすがしい香りはあふれて、清波の緑の蓋をして、太陽を迎えても恐れないで、汚泥を出して染めないで、遠香堂、れんこんの香ばしいゼ、荷風の四面亭、留聴閣などは荷を題名にした建物に比べてすべて、この古典庭園の文化の中で重要な構成になりました部分。今回の生け花の招待展は、「荷」を作った素材で、皿、瓶、椀、かめなどの伝統の容器を「房捨て」とし、古典園林の堂で構想が精巧で、線感の強い花芸作品は、花の花と脱郷の霊気を表現して、ハスの花、枝、葉を突き出している自然美と優美な姿の韻、市民観光客のために荷芸文化がホールの居室の中での意味を含んでいる。